本文へスキップ

占術理論総合サイト

占術研究家    
   梶原煌平  

徒然日記   Diary

2015年1月6日

これからの日本

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
年末にNHKでタモリさんと半藤一利さんの特番で興味深い発言がありました。
番組のラストだったと思います。
半藤氏曰く、これからは日本人の全員ではなくとも七割から八割の人々が共有できる思想、志が必要。
タモリ氏曰く、共産主義は既に失敗した。が、資本主義もそろそろ限界。
修正資本主義とでも言うべき新しい思想が必要。
その鍵はボランティアのようなものではないか。
といったような内容でした。
私は驚きました。実は私も数年前からずっと同じことを考えていたからです。
皆、似たようなことを考えているのですね。
まあ、そりゃそうですよね。
これだけ世界中があらゆる事で二極化してくれば誰もが考え始めることです。
ということで、ミロクの経済とはどういうものか考えてみましょう。


2015年1月26日

恐ろしい世界

人質の湯川さんは惨殺されてしまいました。
後藤さんは今どれほど心細いことでしょう。
一刻も早く救出されることを願います。
恐ろしい世の中になってまいりました。もはや日本人も他人事ではないということです。
そう思っている中、興味深い記事を見つけました。
一昨年、新ローマ法王が選出されたのはまだ記憶に新しいかと思います。
で、気になるのは例の予言・・。聖マラキ予言です。

 「ローマびとペトロ、彼は様々な苦難の中で羊たちを司牧するだろう。
 そして、7つの丘の町は崩壊し、恐るべき審判が人々に下る。終わり。」

最後の法王についての予言ですが、これはやはり現法王のフランシスコ法王らしいのです。
フランシスコ法王の御本名はホルヘ・マリオ・ベルゴリオ。
つまりこのベルゴリオ枢機卿がコンクラーベで法王に選出され、フランシスコを名乗ったというわけです。
ではフランシスコとは誰かというと「アッシジのフランシスコ」と呼ばれる昔の聖者で
カトリックのフランシスコ会の創設者だそうです。
この方、聖フランシスコさんの御本名はジョヴァンニ・ディ・ピエトロ・ディ・ベルナルドーネ。つまりペトロさん。(※ピエトロとペトロは同じです)
アッシジはイタリアのローマの北100キロほどにある町。
要するに
「アッシジのフランシスコ」=「ローマびとペトロ」
となります。
というわけで皆さん、我々は覚悟しなければならない時期にきているのかもしれません。


2015年2月2日

まもなく立春

最悪の結末となりました。
湯川さんと後藤さんのご冥福をお祈りいたします。
しかし恐ろしい世の中になりました。
ISISの言葉はまさに宣戦布告。
長い間日本は戦争とは関係ない生き方をしてきましたがもはや他所事ではなくなりました。
当事者そのものです。
今年は予言関連では異様なまでの当たり年。
分るだけでも
エジプト予言
修正マヤ暦
ユダヤ祭事
日月神示
トドメノフミ
タイター予言
年を限定しなければ状況から見て聖マラキ予言、エノク予言等も入ります。
多くは九月に集中しているように思います。
まもなく立春。未年。
いつものように杞憂で終わってほしいのですが・・・・。


2015年3月7日

未の三月三日

無事三月三日は過ぎました。しかし、神示は基本旧暦表記のようですので来月四月二十一日が要注意日です。
多少の遅し早しはあるかもしれませんので前後一週間くらいは見ておきましょう。
東京に住んでいる者としては防災グッズをついに買う決意をしました。(遅いって?)
まあ、今まで通り泰山鳴動ねずみ一匹パターンでお願いしたいです。
さて、改めてこの日月神示の神様について考えてみました。
神名は国常立尊。35万年前、金星からやってきた神。
地上世界創造のための指導的神。その指導指針は霊主体従。
我が強く厳格な神。あまりにも厳格で融通が利かず他の神々様から傲慢な神として嫌われる。
結果、東北方位に封じられ、以後、艮の金神と呼ばれる。
この度、反省の末、復帰。地上を収める権能を与えられ体主霊従の世を滅ぼし念願の霊主体従の世へ。
この終末現象を建て替え建て直し、または大掃除、大洗濯と呼び、新しい世、つまり六六六の世、ミロクの世を作る。
尚、その姿は竜であり、故に我が国はその影を模し、竜体をしている。
大体こんな感じでしょうか。
ところで西洋には以下のような話があります。
その昔、光り輝くそれは美しい神がいた。その神は金星の神であり美の極みであると同時に天使の長でもあった。
しかし、大変傲慢になり創造神にたてついて地獄に落とされ悪魔とか獣とか呼ばれるようになった。
その獣の名、または、その名の数字は666であり、終末に復活する。そして、至福千年王国へ。
尚、かつて大変美しい光り輝く姿をしていたが現在はドラゴンである。
その神の名は堕天使ルシファー。
と、いう事で我が国の神様は西洋名、堕天使ルシファーということになりますが、この神について日本と西洋とでは決定的な解釈の違いがあります。
日本では行き過ぎた拝金主義、物質主義、地に落ちた精神性のこの世を根本から叩き直し、新しい世界へ導く救世主としての神。
西洋では子供であろうが身重の女であろうが容赦なく殺す、終末に現れる悪魔。またその終末ではどのような迫害を受けようとも耐え忍び、他のどのような崇高な教え美しい教えであっても信じることなく、ただイエスを信じた者だけが至福千年期に行けるとあります。

同じ名の神二つあると申してあろ、同じ悪にも亦二つあるのぢゃ、この事 神界の火水ぞ、この事判ると仕組段々とけて来るのざぞ、鍵ざぞ。


2015年4月6日

月食終了

世が二極化するのは陰陽のまぐわいが上手く機能していない証拠かと思います。
故に中庸を尊ぶ教えである日月神示が大切になってくるのでしょう。
何ゆえ日(太陽)月(太陰)神示なのか。よく考えましょう。

さて神示等における究極の事象は「大いなるタメシ」であろうことは容易に想像がつきます。
材料としては、
・原爆どころじゃない、本当に火の雨が降ってくる(出口王仁三郎)
・地の軸が動く(ポールシフト)
・日本はお土が上がり、外国は下がる
・メトン周期の変化、月が近付く
これらを総合するとおそらく月に小惑星が激突。
月の軌道変化。小惑星の破片が地球に降り注ぐ。火の雨。
月の軌道が変われば重力の関係も変わります。
地球と月の関係は室伏とハンマーの関係と同じです。
室伏を地球、ハンマーを月としてください。
室伏とハンマーを真上から見た状態を想像してください。
互いに引っ張り合ってバランスを保っているのです。
故に月は地球に半面しか見せることがないのです。
室伏はハンマーのワイヤーが繋がった面しか見ることが出来ません。
裏面は見れません。
で、室伏がハンマーを投げるとき、つまり回転しているときに
ゴルゴ13がハンマーに一撃を加えたらどうなるでしょう。
当然両方(室伏とハンマー)ともバランスを崩します。
話を地球と月に戻すと、上記のような事が起きた場合おそらく地球はポールシフトするのではないでしょうか。
ポールシフトなんて事があれば大地殻変動が起こり、大地が隆起するところがあれば
沈没するところもあるでしょう。
これが今、私が想像しうる「大いなるタメシ」です。
全く違うかもしれませんがもしそうならまさに地獄絵図です。
時期は狼尊氏の読みで行くと2023年10月22日(旧暦9月8日)でしょう。
全体の整合性から正しいのではないかと考えます。
残り約8年ですか。
その前にも色々あるようですが、そこで気になるのが例の「未の三月三日」と「五月五日」です。
九月も要注意です。
白黒まだらの時期もその辺りで終わりますから、何とかそこまで無事過ごせば
大難が小難へと考えることができるのではないでしょうか。
とにかくポイントは「未の三月三日」です。今月21日です。
「五月五日」は「三月三日」に連動しているような表記になっていますから
「三月三日」をクリアすることが大切だと考えます。
私はその日、明治神宮にお参りに行くつもりです。
皆さんも近くの神社にお参りに行って下さい。


2015年5月9日

無事通過

先月21日、明治神宮にお祈りに行きました。
懸念していた未の三月三日は幸い無事通過しました。
と言ってもネパール、エベレストにて4月25日大地震発生。(お亡くなりになった方々のご冥福をお祈りいたします)
日本雛形論にてエベレストに対応しているのは富士山。
そのお隣の箱根が4月26日より活動を活発化させています。
嫌な流れではありますが、これまたいつも通り大事になることなく終わって頂きたい。
もう間も無く、白黒まだらの時期が終わります。
白黒まだらの時期が終わるとは、すなわち建て壊しの時期が終わるという事です。
そこまでくればかなりの高確率で大難が小難へと考えられます。
私の現在の夢はアニメーター教室を開く事です。
こんなささやかな凡夫の夢も、全ては平和の上に成り立っているのです。
白黒まだらの時期がいつ終わるのか、正確な時期は分かりませんが
あと数ヶ月といったところでしょう。
実は今日も明治神宮にお祈りに行きました。
ここ数年、私の月一の行事となっています。
皆さんも平和を祈りましょう。


2015年6月11日

国別五行

ネットでチラ見しただけなので真偽は定かでありませんが、
出口王仁三郎は国と五行との対応を語ったそうです。
以下がその対応らしいのですが・・

木=日本
火=アラブの国々
土=中国
金=ヨーロッパ、主にアメリカ
水=ロシア

だそうです。
う〜ん、なるほど。納得です。
五行の相生、相剋の原理を知っていれば確かに対応しているように見えます。
特に相剋の関係を見ていきますと興味深いです。
日本が剋するのは中国。事実、日清戦争では日本が勝利しました。
第二次大戦は中国が戦勝国ですが、事実上中国を荒らしたのは日本です。
ですが、現在は中国が力をつけ次はどうなるか分かりません。
土が力をつけ過ぎ木を侮るようになる状態、相侮(反剋)の関係に成りつつあります。

続いて、アメリカは明らかに金です。
金が剋するのは木、つまり日本です。
しかし、幸いにして剋される時はいつも日本がマズイ状態にある時でむしろ剋されて用材として復活しています。
鎖国で遅れた国になっていた日本を開国させ近代化。
慢心の頂点に達し、侵略しまくっていた第二次大戦時は強烈な拳骨を頂き、愚かな軍国主義を終わらせ、平和国家へとなり繁栄しました。
その強大無比のアメリカを剋する力を持っているのは火のアラブの民です。
実際、アメリカは中東への介入を繰り返す内に軍事費がかさみ、財政を圧迫しています。
また本当の意味で最初にアメリカ本土を空襲(911)したのはアラブ人です。
ロシアは水ですから相生の関係上アメリカを弱めますがメインは相剋のアラブです。
つまり、アラブ人はアメリカを倒す可能性があります。


2015年8月2日

安保法制

安保法制が通るとされているのが来月、9月です。
個人的には反対の立場です。
憲法違反かどうかは知りませんが少なくとも今までの主張との整合性が保てないと思います。
日月神示にも以下のようにあります。

>今の世のやり方、見れば判るであらうが、上の番頭殿 悪い政治すると思ってやってゐるのではないぞ。
>番頭殿を悪く申すでないぞ。よい政治しようと思ってやってゐるのぞ。
>よいと思ふ事に精出してゐるのざが、善だと思ふ事が善でなく、皆悪ざから、神の道が判らんから、
>身魂曇りてゐるから、臣民困る様な政治になるのぞ。

これを読む限り安倍首相は集団的自衛権を認めることで本当に平和になると
思っているという事になります。
嘘偽りの心ではなく本当に日本の事を思ってやっているのでしょう。
しかし、結果は日本人が困る様な事態になると。

ところで日月神示肯定派の中には、この安保法制賛成の人が結構います。
それどころか太平洋戦争を日本の正義の戦争のように捉えている人もいるようです。
いくらなんでもお子様過ぎると感じますが如何でしょうか?


2015年9月4日

問題の九月

さて色々言われている9月になりました。
例によって大山鳴動鼠一匹パターンでお願いしたいところです。

それより何より私が気にしているのはやはり安保法案です。
この時期にしてこの法案ですから戦争に繋がる法案だとしか思えません。
右傾化が進み過ぎた結果の産物でしょう。
右傾化とは極論すれば我良しの利己主義性に起因する日本良しで
行き着くところはヘイトスピーチにも見られるような獣性です。
左だけではどうにもならず右も大切だとは思いますが
行き過ぎれば必ず反作用が生じ、大きなしっぺ返しとなるはず。
戦前、戦中の慢心しきった日本に近付いているのでは?
同じこと二度繰り返す仕組みに一歩ずつ近付いているのでは?
特に第二次大戦、日本を正義とする発想には利己主義性というか
幼児性を感じます。
米英、列強を正義だとは微塵も思いませんが当時の日本が正義とも思いません。
欧米列強という強盗殺人犯のモノマネをした強盗殺人犯です。

出口王仁三郎
 世界を一軒の家にたとえると日本は家の中の神床にあたる。
 ところがその神床が非常に汚れ塵埃がたまっているので掃除せねはならぬが、
 日本の神床を日本人自身にやらせると、血で血を洗う騒ぎをくり返すばかりでできはせぬ。
 そこで神は、マ元帥という外国出身の荒男をつれてきて掃除をさせられるのや。
 ところが神床はもともと神聖な所なので、掃除をするにしても絹の切でこしらえたハタキとか
 紙製のきれいなハタキとか使って掃除せねはならぬ性質のものだが、
 そこは外国出身の荒武者のことだから、竹の荒ボウキを持って神床を掃除するよな時もおころう。
 神床のゴミをはたくと、次は座敷の掃除が順序じゃな。
 世界の座敷はどこかというとう朝鮮・支部になる。
 そして掃除は座敷をもって終わるものじゃない。
 庭先の掃除が必要になってくる。世界の庭先とは、ソ連や米国にあたる。


こんなもの逆立ちして読んだところで日本に正義があるとは読めません。
慢心しきって極めて暴力的だった日本を改革する必要があると考えた神々は
日本人同士でやらせれば戦国時代のようになって解決できない。
つまり実権を握ろうとするグループが複数現れクーデターを繰り返し、
また互いに抗争して埒が明かない。自力で直せない。
従ってマ元帥(マッカーサー元帥)という荒武者使っての荒療治とすることを
決めたというのです。
当時の日本が正義ならば荒療治で直す必要もありません。
日本は当時悪かったのです。
出口王仁三郎を肯定しておきながらこの部分は気に入らないから認めないは通りません。


2015年10月9日

白黒まだらの時期は過ぎ去ったか

噂されていた9月には特に大きな事もなく過ぎ去りました。
ただ安保法制は将来の日本にとって大きな事に繋がる可能性を感じます。
しかし、白黒まだらの時期も過ぎ去ったのであれば
ひょっとしたら大難は小難になったのかもしれません。
インド占星術的には今後数年間はそれ程目立った時期ではありません。
今思っても一番きわどかったのは2013年の前半だったように思います。
中国軍が自衛隊機に赤外線ロックをかけてきた時がピークだったように思います。
現在はその中国の観光客による爆買いで日本は潤っているぐらいですから
世の中どうなるか分かりません。
物事は「何もないじゃないか」と安心しきったその瞬間が一番危険とも言います。
私は日月神示を読み解くことはできませんでしたが
読み解いた人たちは来年2016年がミロク元年ではないかと言っています。
2016年10月8日でしたか。丁度一年ですね。
陛下は大丈夫でしょうか?
不謹慎だと言われそうなのでここらでやめときます。


2015年11月4日

肉食

以前、ネットで肉食をやめた人が久々に肉を食べようとしたら急に吐き気がして匂いを嗅いだだけでムカムカしたというような事が書かれていました。
本当にそんな事があるのだろうかとそのときは思いましたがつい先日、私も体験しました。
私は元々かなり温い方で、外食などでは時々肉入りの定食を食べていました。
自炊をする方なのですが、基本的には豚・牛は避けていました。
スーパーで肉を買って調理するのを避けていたという事です。(鶏肉を除く)
で、先日、大難も小難になったっぽいですし久々に豚肉料理でも作って食べてみるかと思い、スーパーで豚肉の塊を買い、調理して食べてみました。
食べている最中は特に問題ありませんでした。
食べ終わって1,2時間程たった頃、急に吐き気に襲われました。
数分で直ったので気にもせず、翌日も料理の残りを食べました。
するとまた数時間後に吐き気に襲われました。
しばらくして治まりましたが前日よりキツかったです。
豚肉を食ったのが悪かったかな?とその時初めて思いました。
さらに翌日残りを食べました。(一人暮らしなので一度作ると長い)
また気分が悪くなり、早めに寝ようと布団に包まりました。
数時間たっても寝られません。さらに悪寒がするようになり、トイレに駆け込み嘔吐寸前状態になりました。
ここで完全に豚肉を食べたのが悪かったと悟りました。
トイレの便器にもたれ掛った状態で「神様、私が悪うございました」
と詫びを入れたところ、見る見る吐き気が治っていきました。
即刻残りの料理を廃棄しました。
廃棄するとき匂いを嗅いだだけでムカムカしたことは言うまでもありません。
芳香スプレーで部屋の匂いを変えて床に付きました。
時々酷い目にあうことで、人間目が覚めるのでしょう。


2015年12月15日

師走

今年も残り半月あまりとなりました。
振り返ってみますと、少々「指折り数えて」状態になっていたかなあと反省しています。
これは日々の経済活動を疎かにしているとなり易いように思います。
私はバブル絶頂の頃が人生で一番貧乏だったのですが、その頃はアンゴルモアの大王様だけが頼みの綱、心の支えでした。
日々の生活が充実していないとそうなってしまうのです。
とは言えミロクの世、千年王国は終末の後、大峠の後なわけですからミロクの世を待つ心と終末を待つ心は表裏一体という事になります。
こんなところも陰陽合一なんて、神様も上手いこと作ってあるなあと感心します。
よくこの事は出産に譬えられます。
何とか無痛分娩で珠のような赤ちゃんパターンをお願いしたい。
と言うか、そうなりそうな気配も感じます。
過去数年を振り返れば、天変地異は如何ともし難いですが人為的な事柄は大事になる寸前、紙一重でかわしている様に思います。
来年は多くの解読者たちがミロクの世元年と読み解いています。
よい年ででありますように。


2016年1月6日

新年おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

さて今年はミロクの世の年となるのでしょうか。
ミロクの世自体は歓迎しますが、どうも雲行きが怪しいです。
先日、イランとサウジが国交断絶したかと思えば今日は北朝鮮が水爆実験に成功とのこと。
数年前は日本が火種だらけでどうなることかと心配していましたが、今はそれ程でもありません。
しかし、世界に目をやればここ一年で火種だらけになりました。
世界も日本同様、紙一重で全てかわしてほしいです。
そして無事ミロクの世に到達してもらいたいものです。
今日初めて初詣に麻賀多神社へ参りました。
本年がよい年でありますように。


2016年2月29日

今日は肉(29)の日

またまた風邪をひいて頭がクラクラきます。
神示には病気=その人の悪業、とのこと。
全部そうだとは思えませんが、イエスも同様なことを言っているので
多分、そうなんでしょう。
そこでタイトル、今日は肉の日。
一番考えられる原因はやはり肉です。
自分は半年前までは自炊派で、野菜炒めやら何やら色々作っていました。
肉が必要なときは基本鶏肉で誤魔化していました。
鶏肉で作るホイコーローとか、如何にも不味そうですが
入ってないよりましという程度です。
しかしここの所、外をうろつく事が多くなり殆ど外食になりました。
もちろん、トンカツやステーキのような肉の塊は注文しませんが、
それでも定食等を注文すると主に豚肉が混ざっています。
牛肉は本当に食す機会はありませんが豚肉はしばしば、体に入ってきています。
豚と牛はダメだという事を再三ここで述べてきた私が
だんだん忽せになっていった結果、
時々風邪をひくようになったのかもしれません。
もう少し、厳密な行動を心掛けたいと思います。


2016年4月20日

熊本地震

まず最初に熊本地震の被災された方々にお見舞い申し上げます。
今年はミロクの年ですか。これからどうなるのでしょうか。
確か狼尊氏の年表で「8月グラグラ」というのがありました。
8月に該当する年は1995年(阪神淡路大震災)、2011年(東日本大震災)、
そして今年2016年(熊本地震)だったように思います。
これで少なくとも年表の月を当てはめた部分は
まず間違いないという事になると思います。
さらにそこから導かれた季節分けによる「春負けドン」が
今年からでした。
ハルマゲドンは一般に「世界最終戦争」と訳されます。
要するに第三次世界大戦です。
これの主役は言うまでもなく、ロシアとアメリカ。
アメリカは今年大統領選です。
ノストラのヘンリー・Cことヒラリー・クリントンか
変人不動産王トランプか。
どっちになっても怖いです。
とりあえず狼尊氏のブログを今一度読み返そうと思います。


2016年5月3日

新日本神話

日月神示を読むと終末に五十九人の方に高級神霊が憑依し
末代まで語られるような、大変な手柄を立てさせるようです。
現在語られている日本神話同様、神話として未来永劫語られるのでしょう。
仮にこれを「新日本神話」としておきますが、
新日本神話は映像付きで残るという事になります。
現代ですから。
昔のように記憶に頼った口伝では、誤謬は避けて通れないところですが
映像、音声付なら正確に伝わるでしょう。

ところで、どこまでジーン・ディクソンが信用できるか分かりませんが
彼女はこう言っています。
「世界の変革があるとすれば、まず日本になんらかの変化が起こり、
それが世界に波及するだろう。
こうして、世界の人々は日本人を畏敬するようになる。
東洋の神秘的思想は壮大なスケールをもって全世界を席巻し、
キリスト教世界に非常に大きな変化を与えるだろう。」

おお、何やらすばらしい世界になりそうな感じですが
それもこれも全て産みの苦しみの後。
出来れば安産でお願いします。


2016年8月8日

新都知事誕生

先日、舛添前都知事の辞職を受け小池百合子新都知事が誕生しました。
彼女は電線地中化推進派ですのでこの醜い街を綺麗にしてくれると思います。
期待しております。
ところで舛添前知事ですが、何ともお粗末な展開で失脚。
まさかあのような人だとは夢にも思っていませんでした。
公金を私的に流用する人だとは・・・。世の中分からないものです。
過去の言動からも想定外でした。
一時は総理候補ナンバー1とまで言われた人だったのに残念です。
最晩年に失脚、まさに28画の典型的人物となってしまいました。
そこで今、気になる人物がいます。
数霊表の28を見てもらえれば分かると思いますが
ソフトバンクの孫正義氏です。
彼は昔から60歳で有能な人物に後を継がせると言っていました。
大変良い考えです。まるで総画数28の性質を知っているかのような考えです。
実際、ニケシュ・アローラという人物を育て後を継がせるつもりだったようです。
しかし、突然考えが変わったらしく
「あと5年、10年と社長をやりたくなった。あくまでも私のわがままでこうなった。一番の被害者はニケシュだ」
と言って彼を退任させてしまいました。
私はこの判断が大失敗のように思えてなりません。
ソフトバンクの有利子負債は2012年の2兆6千億円から2015年には11兆円までに激増しています。
大丈夫なんでしょうか?私は実業家ではありませんし、こんな天文学的数字の金には
ご縁がありません。
夕方のコープで398円の弁当に2割引きシールが貼られるのを虎視眈々と狙っている者が
心配するような事ではありませんが、、、でも心配です。


2016年10月22日

ミロクの世

どうやらミロクの世に入ったということでしょうか。
詳しくは話しませんが個人的にもグレンとひっくり返るような出来事がありました。
本当に不思議としか言いようがありません。
ミロクの世については様々な意見があると思いますが
現時点での私の想像というか感想を述べますと
要するに陰陽の逆転(和合?)だと思います。
日月神示は中庸を尊ぶ教えなのです。
あらゆる行き過ぎた部分が抑えられ、
あらゆる虐げられた部分が持ち上がる。
全体を見ればグレンとひっくり返ったように見えると。
ひっくり返るというか中央値に近付く感じでしょうか。
程良い位置に収まる感じではないでしょうか。
ただ、あくどく金や権力を貪る者などはとことん堕ち
極端に不当に低く扱われている者は大きく飛躍する可能性はあります。
また聖書にも
「だれでも自分を高くする者は低くされ、自分を低くする者は高くされるであろう」マタイ23章12節
これは謙虚さの大切さを説いたものですが、まあ、同じことです。
先月、久々にフジテレビで格闘技イベントがありテレビを見ていますと
酷くビッグマウスな選手がいました。
私は「この人大丈夫かなあ・・」と思って見ていますと
開始数秒でノックアウト負けしてしまいました。
以前ミルコクロコップも「私は格闘技の天才で、云々かんぬん・・・」
とか言い出したら、何とかランベルマンとかいう選手にノックアウト負けしてしまいました。
柔道の野村選手もダウンタウンの番組で「柔道の天才」と煽てられて
「まぁ、天才ですけどね」と冗談半分に受け答えしていると
一気に調子が悪くなったのを覚えています。
つまり冗談でも言わない方が良い。
私も冗談半分に自慢気な事を言うタイプですので自戒しなければなりません。
以上のことから
「普段から陰徳を積み、願望成就の強運を蓄え、謙虚さによる武運で身を守る」
となります。
ミロクの世をこのような心持ちで生きていきましょう。


2016年12月30日

五十九の身魂について

>元の人三人、その下に七人、その下に七七、四十九人、合して五十九の身魂あれば、この仕組は成就するのざ、
>この五十九の身魂は神が守ってゐるから、世の元の神かかりて大手柄をさすから、神の申すやう何事も、身魂みがいて呉れよ、
>これが世の元の神の数ぞ、これだけの身魂が力合はしてよき世の礎となるのざ。
>この身魂はいづれも落ちぶれてゐるから、たづねて来てもわからんから、よく気をつけて、どんなに落ちぶれている臣民でも、
>たづねて来た人は、親切にしてかへせよ。何事も時節が来たぞ。

一年前、2ちゃんねるで興味深い書き込みを見つけました。
きんたんさんという方の書き込みのようです。

>>423 :きんたん@転載は禁止:2015/12/27(日) 08:04:55.06 ID:sa0tAPNO0>>416
>>意味も数え方も判らない様ですね。
>> 古事記を読みましょう。
>>
>> 造化三神 3人 元の人1人左右2人で計3人
>> 神代七代 7人 12柱だが7対として数える。
>>イザナギ・イザナミ夫婦神の【 産 道 】を通り正しく生れた神の総数49人
>> 蛭子と淡島  2人 
>> 国の十四島 14人
>> 神三十三柱 33人
>> 蛭子から火之迦具土神まで【 産 道 】を通り生れた島と神の総数だからゲロ小便大便から生まれた神は数えない。
>>
>> 総合計すると59人

数えてみましょう。


五十九の身霊


造化三神(ぞうかさんしん)

1、天御中主神 (あめのみなかぬしのかみ)1柱

2、高御産巣日神(たかみむすびのかみ)2柱

3、神産巣日神 (かみむすびのかみ)3柱


神世七代(かみのよななよ)
1.国之常立神(くにのとこたちのかみ)4柱

2.豊雲野神(とよぐもぬのかみ)5柱

3.宇比邇神(うひぢにのかみ)・須比智邇神(すひぢにのかみ)6柱

4.角杙神(つぬぐいのかみ)・活杙神(いくぐいのかみ)7柱

5.意富斗能地神(おおとのじのかみ)・ 大斗乃弁神(おおとのべのかみ)8柱

6.淤母陀琉神(おもだるのかみ) ・阿夜訶志古泥神(あやかしこねのかみ)9柱

7.伊邪那岐神(いざなぎのかみ)・伊邪那美神(いざなみのかみ)10柱


(左側が男神、右側が女神)
イザナギ・イザナミの生んだ国(国産み)
1、蛭子神(ヒルコのかみ)11柱

2、淡島神(あわしまのかみ)12柱

この二神は不具の子で土地にならなかったようです(日本は世界の雛形なのでアトランティス、ムーか?)


1、淡道之穂之狭別島(あはぢのほのさわけのしま):淡路島 13柱

2、伊予之二名島(いよのふたなのしま):四国 14 柱

胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。
  愛比売(えひめ):伊予国
  飯依比古(いひよりひこ):讃岐国
  大宜都比売(おほげつひめ):阿波国(後に食物神としても登場する)
  建依別(たけよりわけ):土佐国


3、隠伎之三子島(おきのみつごのしま):隠岐島 別名は天之忍許呂別(あめのおしころわけ)15柱

4、筑紫島(つくしのしま):九州 16柱

胴体が1つで、顔が4つある。顔のそれぞれの名は以下の通り。
白日別(しらひわけ):筑紫国
  豊日別(とよひわけ):豊国
  建日向日豊久士比泥別(たけひむかひとよじひねわけ):肥国
  建日別(たけひわけ):熊曽国


5、伊伎島(いきのしま):壱岐島 別名は天比登都柱(あめひとつばしら)17柱

6、津島(つしま):対馬 別名は天之狭手依比売(あめのさでよりひめ)18柱

7、佐度島(さどのしま):佐渡島19柱

8、大倭豊秋津島(おほやまととよあきつしま):本州 別名は天御虚空豊秋津根別(あまつみそらとよあきつねわけ)20柱

以上の八島が最初に生成されたため、日本を大八島国(おおやしまのくに)という。二神は続けて6島を産む。

1.吉備児島(きびのこじま):児島半島 別名は建日方別(たけひかたわけ)21柱

2.小豆島(あづきじま):小豆島 別名は大野手比売(おほのでひめ)22柱

3.大島(おほしま):周防大島 別名は大多麻流別(おほたまるわけ)23柱

4.女島(ひめじま):姫島 別名は天一根(あめひとつね)24柱

5.知訶島(ちかのしま):五島列島 別名は天之忍男(あめのおしを)25柱

6.両児島(ふたごのしま):男女群島 別名は天両屋(あめふたや)26柱



イザナギ・イザナミの生んだ神。またはその生まれた神が生んだ神
1、大事忍男神(おほことおしをのかみ)27柱

2、石土毘古神(いはつちびこのかみ)28柱

3、石巣比売神(いはすひめのかみ)29柱

4、大戸日別神(おほとひわけのかみ)30柱

5、天之吹男神(あめのふきおのかみ)31柱

6、大屋毘古神(おほやびこのかみ)32柱

7、風木津別之忍男神(かざもつわけのおしをのかみ)33柱

8、大綿津見神(おほわたつみのかみ)34柱

9、速秋津日子神(はやあきつひこのかみ)35柱

10、速秋津比売神(はやあきつひめのかみ)36柱
速秋津日子神と速秋津比売神は以下の神々を産んだ

 11、沫那藝神(あはなぎのかみ)37柱

 12、沫那美神(あはなみのかみ)38柱

 13、頬那藝神(つらなぎのかみ)39柱

 14、頬那美神(つらなみのかみ)40柱

 15、天之水分神(あめのみくまりのかみ)41柱

 16、国之水分神(くにのみくまりのかみ)42柱

 17、天之久比奢母智神(あめのくひざもちのかみ)43柱

 18、国之久比奢母智神(くにのくひざもちのかみ)44柱

19、志那都比古神(しなつひこのかみ)45柱

20、久久能智神(くくのちのかみ)46柱

21、大山津見神(おほやまつみのかみ)47柱

22、鹿屋野比売神(かやのひめのかみ)48柱
別名は野椎神(のづちのかみ)大山津見神と野椎神は以下の神々を産んだ

 23、天之狭土神(あめのさづちのかみ)49柱

 24、国之狭土神(くにのさづちのかみ)50柱

 25、天之狭霧神(あめのさぎりのかみ)51柱

 26、国之狭霧神(くにのさぎりのかみ)52柱

 27、天之闇戸神(あめのくらどのかみ)53柱

 28、国之闇戸神(くにのくらどのかみ)54柱

 29、大戸惑子神(おほとまとひこのかみ)55柱

 30、大戸惑女神(おほとまとひめのかみ)56柱

31、鳥之石楠船神(とりのいはくすぶねのかみ) 別名は天鳥船(あめのとりふね)57柱

32、大宜都比売神(おほげつひめのかみ)58柱

33、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)59柱 別名:ひふみ君



おお、ちゃんと五十九柱になりました。

>五十人の仁人が出て来るぞ、仁人とは神人(カミヒト)のこと、この仁人が救世主であるぞ、救世主は一人でないぞ。
>各々の民族に現はれて五十人であるなれど、五十と言ふ数に囚われるなよ、五十人で一人であるぞ、
>数に囚われると、判らんことになり、岩戸しめとなるから気つけおくぞ。

この文面から察して造化三神と神代七代の計10柱は憑依しないのかな。
7×7=49柱あたりか?50音と対応していると思われます。
内、何人かは外国人のようです。さらに一人はほぼ確定の少年がおりますので
残り枠は48柱です。
絶対条件としては
1、金がちらつく人はダメ
2、他人様の便所掃除ができる
3、肉食をしない、特に四つ足動物を食べない

完全に私はダメです。
我こそはと思う方はどうぞ。期待しております。良いお年を。


2017年1月1日

2017年

明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

ところで2ちゃんねるを見ていると丁度きんたんさんが
清書なさっていたので引用させていただきます。



以下引用

774 :きんたん@無断転載は禁止 (ワッチョイ b3aa-3vJe):2017/01/01(日) 00:41:53.56 ID:VQm+NahY0
新年 明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。
本年2017年平成29年10月20日(旧暦9月1日)新月時刻午前4時14分
新たな天地の磐戸が弥栄に開けて建て替え立て直しをなされ
世の元津から五十九御座の聖神霊の全きのお働き謹んで御願い申し上げます。

@ア天之御中主神
Aオ高御産巣日神  ウ神産巣日神 三柱神
Aエ宇摩志阿斯訶備比古遅神  イ天之常立神 五柱別天神

神世七代十二神
Fア国之常立神
F○ヤ豊雲野神
F○ワ宇比地邇上神 タ妹須比智邇神 
Fカ角杙神   マ妹活杙神
Fナ意富斗能地神  ハ妹大斗乃弁神 
Fラ於母陀流神   ヤ妹阿夜訶志古泥神
Fサ伊邪那岐神   ワ妹伊邪那美神

775 :きんたん@無断転載は禁止 (ワッチョイ b3aa-3vJe):2017/01/01(日) 00:43:37.73 ID:VQm+NahY0
 美斗能麻具波比 二島 八島 六島の十六神島 神三十三柱 計四十九神柱
 二島
壱・ 水蛭子
弐ン 淡島

 大八島国
01ヒ 淡道之穂之狭別島
02フ 伊予之二名島 伊予国愛比売 讚岐国飯依比古 粟国大宜都比売 土左国建依別
03ミ 隠岐之三子島 天之忍許呂別
04ヨ 筑紫島 筑紫国白日別 豊国豊日別 肥国建日向日豊久士比泥別 熊曽国建日別
05イ 壱岐之島 天比登都柱
06ム 対馬 天之狭手依比売
07ナ 佐度之島
08ヤ 大倭豊秋津島 天御虚空豊秋津根別

 六島
09コ 吉備の児島 建日方別
10ト 小豆島 大野手比売
11モ 大島 大多麻流別
12チ 女島 天一根
13ロ 知訶島 天之忍男
14ラ 両児島 天両屋

776 :きんたん@無断転載は禁止 (ワッチョイ b3aa-3vJe):2017/01/01(日) 00:44:39.77 ID:VQm+NahY0
 神十柱 
15ネ 大事忍男神
16シ 石土毘古神
17キ 石巣比売
18ル 大戸日別神
19ユ 天之吹男神
20ヰ 大屋毘古神
21ツ 風木津別之忍男神
22ワ 大綿津見神
23ヌ 速秋津日子神
24ソ 速秋津比売神

 神八柱
25ヲ 沫那芸神
26タ 沫那美神
27ハ 頬那芸神
28ク 頬那美神
29メ 天之水分神
30カ 国之水分神
31ウ 天之久比箸母智神
32オ 国之久比箸母智神

777 :きんたん@無断転載は禁止 (ワッチョイ b3aa-3vJe):2017/01/01(日) 00:47:00.19 ID:VQm+NahY0
 神四柱
33エ 志那都比古神
34ニ 久久能智神
35サ 大山津美神
36リ 鹿屋野比売神 野椎神

 神八柱
37ヘ 天之狭土神
38テ 国之狭土神
39ノ 天之狭霧神
40マ 国之狭霧神
41ス 天之闇戸神
42ア 国之闇戸神
43セ 大戸惑子神
44ヱ 大戸惑女神

 神三柱
45ホ 鳥之石楠船神 天鳥船
46レ 大宜都比売神
47ケ 火之夜芸速男神 火之R毘古神 火之迦具土神

引用終わり


これを見ますとどうやらひふみ祝詞と対応しているようですね。47柱。
ほぼ確定の少年を除くと残り46枠です。
皇太子殿下もまず間違いありませんがこの枠内かどうかは分かりません。
(何となく違うような気がする)

今年の10月20日だそうです。
お役目の方々、期待しております。


2017年6月10日


ミロクの世の経済

久々の更新。
ふと気付いたら48になっていました。
神様にキチッと更新せよと言われたような気がしたので最近考えていることを書きます。

近頃の若者は「草食男子」だの「車離れ」だの言われています。
理由は「興味がないから」だそうですが、要するに金が無いだけです。
彼ら若者はプライドだけは一流のなのでそう言っているだけなのです。
それを額面通りに受け取る大人もどうかしていると思いますが、どうにかしないとマズイです。
新生児は100万人を切ったとのことですし、国力が衰えます。
私を含めこの貧困問題を解決しなければ失われた30年、40年と続いていくのではないでしょうか?

と言っても私は、マルクスもケインズもフリードマンもピケティも読んだことがありません。
そもそも池上先生が参考書を読んでようやく分かったとか言ってる物を私が読んでわかる訳ありません。
という事で日月神示を参考に解決策を考えたいと思います。


以下参考とした部分


暮しむきのものも只でとらせよ、只で与へる方法あるでないか、働かん者食ふべからずと申す事理屈ぢゃ、理屈は悪ぢゃ、悪魔ぢゃ、働かん者にもドシドシ与へてとらせよ、与へる方法あるでないか、働かんでも食べさせてやれよ、何もかも与へぱなしぢゃ、其処に神の政治始まるのぢゃぞ、神の経済あるのぢゃ。
やって見なされ、人民のそろばんでは木の葉一枚でも割出せないであらうが、この方の申す様にやって見なされ、お上は幸でうもれるのぢゃ、余る程与へて見なされ、お上も余るのぢゃ、此の道理判りたか。
仕事させて呉れと申して、人民 喜んで働くぞ、遊ぶ者なくなるぞ、皆々神の子ぢゃ、神の魂うゑつけてあるのぢゃ、長い目で見てやれ、おしみなく与へるうちに人民元の姿あらはれるぞ。


禁慾は神の御旨でないぞ。慾を浄化して、生めよ。産めよ。
今の人民、慾の聖化を忘れて御座るぞ。
慾は無限に拡がり、次々に新しきもの生み出すぞ。慾を導けよ。


天界に行く門は輝き、幽界に行く門は闇であるぞ。
闇の門はとざされ、光の門は開かれてゐるぞ。
天界は昇り易く、幽界にはおちにくいぞ。
神と金と二つに仕へることは出来ん、そのどちらかに仕へねばならんと、今迄は説かしてゐたのであるが、それは段階の低い信仰であるぞ。
影しか判らんから、時節が来て居らんから、さう説かしてゐたのであるが、この度、時節到来したので、マコトの道理 説いてきかすのぢゃ。
神と金と共に仕へまつるとは、肉と霊と共に栄えて嬉し嬉しとなることぞ。
嬉し嬉しとはそのことであるぞ。
神と金と二つとも得ること嬉しいであろうがな。
その次には霊の霊とも共に仕へまつれよ。
まつれるのであるぞ。
これが、まことの正しき理(ミチ)であるぞ。
今迄の信仰は何処かにさびしき、もの足りなさかあったであらうが。
片親がなかったからぞ。
天に仕へるか、地に仕へるかであったからぞ。
この道はアメツチの道ざと知らしてあらうがな。
清くして富むのがまことぢゃ。
地も富まねばならんのぢゃと申してあらうが。
これから先は金もうけばかりも出来ん。
今迄のやうな神信心ばかりも出来ん。
神の理(ミチ)を進むものは嫌でも金がたまるのぢゃ。
金がたまらねば深く省みよ。理に外れて御座るぞ。
人は罪の子でない、喜びの子ぞ。


自由も共産も共倒れ、岩戸がひらけたのであるから元の元の元のキの道でなくては、タマ(玉)の道でなくては立ちては行かん、


 平等とか公平とか申すのは悪魔のワナであるぞ、天地をよくみよ、人民の申す如き平等も公平もないであろうがな、一寸のびる草もあれば一尺のびる草もあるぞ、一寸の草は一寸が、一尺の草は一尺が頂天であるぞ。


以上、日月神示より


この教えは中庸を尊ぶ教え。
極端な豊かさも極度の貧困もどちらもダメ。
かと言って真っ平にするのは悪平等。
ある程度の差は有って当たり前。
共産主義は悪平等で既に詰みました。
自由主義は人間の利己主義性により貧富の差が生じ、今まさに詰みそうです。
労働価値に極端な差がつき過ぎたように思います。

いつだったか報道ステーション(古舘さん司会の頃)に学者の先生だったか、
面白い意見がありました。
「労働者は全員年収の20%を払い、全員200万受け取る」というものです。
面白いとは思いましたが、20%で辻褄が合うのでしょうか?
どう考えても払う方が少ない様におもいますが?
でもこれを50%にすればどうでしょうか。
丁度、世の平均年収くらいの400万が中心になるので
何とかなりそうな気もします。
400万の50%は200万。200万払って200万受け取るのでプラマイ0です。
つまり、年収400万以上の人は金が減り、400万以下の人は金が増えます。
勤労意欲が削がれるとマズイので400万以上のところへ何らかのインセンティブを持たせねばなりません。


まあ、何でもいいですからこのくらい大胆な事をしないと解決しないと思います。

さて、今日は6月10日か。お参りに行くとするか・・・。


2017年7月11日

そろそろ「有る無い論争」を終わらせるべき

朝鮮半島情勢が緊迫しています。
大難が小難になったとは考えにくくなってきました。
日本に限って言えばあと数年は大事無しと考えていますが
2020年以降は波瀾の印象。
大難を小難にするにはまず日本から改心しなければなりません。
神仏を否定している者がこんなに多い状態では話しになりません。
何とか「有る無い論争」を終わらせるべきです。
意地でも否定のお子様否定論者は付ける薬なしという事で
この際切って捨てます。日月神示にある「肥しにもならない」というやつです。
しかし、否定派の中には有ると分かれば意見を変えるという大人な否定論者もいます。
基本、彼らは科学の権威に盲従している哀れな人々なので
私のような者がいくら整合性や帰納で説明しても無駄です。
権威など微塵もありません。

しかしここがポイントで、オカルトを理解させるために
オカルトの土俵で迫るからうまくいかないのです。
よって、彼らが盲従している対象、つまり「科学」の土俵で迫っていけば
改心するのではないでしょうか。


日月神示より
霊的良識は、神示や神典類によって、又体験によって養はれ、又高度な科学書も参考となるものぞ、科学を馬鹿にしてはならん。

以下辺りが日月神示の言う参考になる高度な科学かと思われます。


動画1 この世界が仮想現実であることを示す証明式
動画2 この世界が仮想現実であることを示す証明式(続き)

この動画での科学者は高度に発展した地球外文明がシミュレーションでこの世を作った
と言っています。つまり、異星人か何かを設定しているようですが
これを普通に心霊の世界、神と考えれば我々心霊主義者と辻褄が合うと思います。

まぁ、どうであれサッサと行き着いてくれやという気分です。
遅いです。チョイ手遅れ気味に感じます。


2017年9月13日

黙示録の大淫婦

北朝鮮がやってのけるとはとても思えませんが・・・。

ヨハネの黙示録の第17章と18章を読んで下さい。


まず最初に、ほぼこの一文で決定ですが・・・。
第17章18節 あなたの見たかの女は、地の王たちを支配する大いなる都のことである。

この地球にある国々の為政者を支配する強大な国のことを大淫婦と例えています。

17:2地の王たちはこの女と姦淫を行い、地に住む人々はこの女の姦淫のぶどう酒に酔いしれている。

17:15御使はまた、わたしに言った、「あなたの見た水、すなわち、淫婦のすわっている所は、あらゆる民族、群衆、国民、国語である」。

18:3すべての国民は、彼女の姦淫に対する激しい怒りのぶどう酒を飲み、地の王たちは彼女と姦淫を行い、地上の商人たちは、彼女の極度のぜいたくによって富を得たからである。

18:7彼女が自ら高ぶり、ぜいたくをほしいままにしたので、それに対して、同じほどの苦しみと悲しみとを味わわせてやれ。彼女は心の中で『わたしは女王の位についている者であって、やもめではないのだから、悲しみを知らない』と言っている。 18:8それゆえ、さまざまの災害が、死と悲しみとききんとが、一日のうちに彼女を襲い、そして、彼女は火で焼かれてしまう。彼女をさばく主なる神は、力強いかたなのである。

18:9彼女と姦淫を行い、ぜいたくをほしいままにしていた地の王たちは、彼女が焼かれる火の煙を見て、彼女のために胸を打って泣き悲しみ、 18:10彼女の苦しみに恐れをいだき、遠くに立って言うであろう、『ああ、わざわいだ、大いなる都、不落の都、バビロンは、わざわいだ。おまえに対するさばきは、一瞬にしてきた』。

18:11また、地の商人たちも彼女のために泣き悲しむ。もはや、彼らの商品を買う者が、ひとりもないからである。

18:15これらの品々を売って、彼女から富を得た商人は、彼女の苦しみに恐れをいだいて遠くに立ち、泣き悲しんで言う、 18:16『ああ、わざわいだ、麻布と紫布と緋布をまとい、金や宝石や真珠で身を飾っていた大いなる都は、わざわいだ。 18:17これほどの富が、一瞬にして無に帰してしまうとは』。また、すべての船長、航海者、水夫、すべて海で働いている人たちは、遠くに立ち、 18:18彼女が焼かれる火の煙を見て、叫んで言う、『これほどの大いなる都は、どこにあろう』。 18:19彼らは頭にちりをかぶり、泣き悲しんで叫ぶ、『ああ、わざわいだ、この大いなる都は、わざわいだ。そのおごりによって、海に舟を持つすべての人が富を得ていたのに、この都も一瞬にして無に帰してしまった』。



要約すると・・・

この女、大淫婦とは多民族国家で、贅沢三昧の国であらゆる国からあらゆる物を買う消費大国で
他国の為政者も言いなりになる強大な国。
傲慢さが原因で恨みを買い一日のうちに火で焼かれて滅んでしまう。
商人や仲の良かった国は悲しむ。なぜなら、超お得意様だったから。
紅蓮の炎に包まれ煤煙モクモクの様を遠くの船上で涙し、塵をかぶりながら人々は言う
「こんなすごい国が他に在ろうか」「これ程の国でも一瞬にして無に帰すとは・・・」

この内容に100%該当する国が地球に一か国だけあります。


2017年10月24日

衆議院選挙終了


漸く議席が全て確定したようです。
新党が票を割ってしまい、野党大敗北でした。

姓名学的検証

希望の党 総格39 大物運 
立憲民主党 総格51 名声運

先ずは「希望の党」
うむ、いいじゃないですか。
出足躓いた感はありますが、行動として間違っていたとは思いません。
評論家の中には小池先生がもし出馬していたら勝てたなんて後付けで言う人もいますが
都知事職を途中投げする様な人を誰が支持しますか。
もし出たらおそらく30にも届かなかったでしょう。
最初に小泉進次朗が小池百合子を持ち上げつつ出ろ出ろと言ったのはそうなるのが見えていたからです。
出なくて正解です。
民進党の残滓振り分けも当然です。
考えの違う者をただ数合わせで混ぜてしまった結果、空中分解する様を我々は散々見てきたではないですか。
言葉がきつかったのは失敗かもしれませんが、行動としてはこれも正解だと思います。
数霊39は性急さはありません。策略をめぐらしゆっくり確実に大きくなるタイプです。政治向き。
有名どころでは徳川家康。
「人生は重き荷を背負うて遠き道を行くが如し」の数霊。
世間ではもう終わった政党のような言い方をする人もいますが、少々拙速すぎます。
私はまだ見捨てる気にはなれません。
やり方次第では大きく発展する可能性を秘めています。
粘りが大切。粘りを捨てたら終わります。

つづいて「立憲民主党」
51の名声運ですか。これはあまり政治向きの数霊ではありません。
象意としては注目を得る、脚光を浴びるというもの。
星導としては太陽と金星です。太陽は金星と相性が悪く
象意に持続性がありません。
今後しばらくは注目を得ますが徐々に埋没していく可能性があります。
信念を貫いた人々が多いので海王星を含む吉数を党名に使えば
良かったのですが。
今後の成り行きを見ていきたいです。





バナースペース

梶原流数霊術

このサイトにある全占術の根本理論を梶原流数霊術と称します。